エリートの証

日本政府が、外国人の収入・学歴・実績・能力などについて審査した上で与えられる在留資格が【高度専門職】です。

すなわち【高度専門職】の在留カードを持っていれば、その人の収入や能力などについて日本政府がある程度のお墨付きを与えたと考えることもできます。

いわば、『エリートの証』ですね。

「優秀な外国人を雇いたい」とお考えの企業の方や「優秀な外国人とお付き合いしたい」とお考えの方は、お会いになった外国人に対して「高度専門職の在留資格を持ってますか?」とお尋ねになってはいかがでしょうか?

逆に【高度専門職】の在留資格をお持ちの方は、その在留資格を存分にアピールしてみてはいかがでしょうか?
企業からも異性からもオファーが多数来るかもしれません。