高度専門職外国人が日本国内で家事使用人を雇用する場合(家庭事情型)

高度専門職外国人に仕える家事使用人となる外国人(以下「申請人」と呼ぶ)が、家庭事情型家事使用人の在留資格を取得するためには、以下の条件を満たす必要があります。

1)雇用主である高度専門職外国人が、申請人以外に家事使用人を雇用していないこと。

2)申請人が在留資格の変更申請をする時点において、雇用主である高度専門職外国人とその配偶者の日本における年収の合計が1000万円以上であること。

3)申請人が在留資格の変更申請をする時点において、雇用主である高度専門職外国人の家庭に以下のいずれかがいること。
A.13歳未満の子
B.病気等により日常の家事をすることができない配偶者
4)雇用主である高度専門職外国人が使用する言語により、申請人が日常の会話を行うことができること。
5)申請人が雇用主である高度専門職外国人から月額20万円以上の報酬を受けること。
6)申請人の年齢が18歳以上であること。
7)日本における申請人の在留状況が良好であること。

なお、実際にビザを申請する際には、以上の条件を満たしていることを疎明する書類が必要になります。