遅くなりましたが・・・

日本の在留資格の一つである【高度専門職】のポイント計算表が2017年4月26日から新しくなりましたね。

『新ポイント計算表』

旧ポイント計算表では、学歴の項目において判断が難しくなる場面(例えばこんな感じ・・・)が生じる可能性もありましたが、新しい計算表では、そのような場面が生じないように改善されています。

その他にも、日本語能力の項目における加点条件が緩和されたり、出身大学の世界ランキングを加味する加点項目が新設されるなどの変更がなされました。

これらの変更は以前の計算表よりもポイントを積重ねやすくするものです。

その一方で、高度専門職の在留資格を取得するために超えなければならない基準点は変わっていません。以前と同様で70点以上となっています。

したがって、今回のポイント計算表の変更は、全体として高度専門職の在留資格に該当する外国人を増やすものと考えられます。

以前の計算表でポイントがわずかに足りず高度専門職の在留資格に該当しなかった方は、新しい計算表でもう一度該当性を確かめてみてはいかがでしょうか?

こちらの診断ツールで簡易的な確認も可能です。