高度専門職の在留資格を持っている外国人が永住者の在留資格を取得する場合、どれくらい優遇されるの?

日本に在留する外国人が【永住者】の在留資格を取得するためには、①「素行が善良であること」②「独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること」といった条件のほか、③「永住申請者の永住が日本国の利益に合すると認められること」という条件を満たすことが基本です。

①の条件を満たすためには、「永住申請者が法令を遵守したり、社会的な非難を受けるような生活をしていない」といったことが必要になります。

②の条件を満たすために必要となるのは、「永住申請者の経済状況に問題がなく、今後も安定する見込みがある」といったことです。

③の条件を満たすためには「懲役刑や罰金刑を受けていない」「納税の義務を履行している」といったことや、「原則として引き続き10年以上日本に在留し、そのうち5年以上は就労または居住の資格で日本に在留している」などの事実を揃える必要があります。

これに対して、高度専門職の在留資格を有する外国人は、③の条件を満たすために必要な「引き続き10年以上日本に在留し、そのうち5年以上は就労または居住の資格で日本に在留している」という部分が緩和されます。

具体的には、以下のAまたはBに該当していれば、10年以上日本に在留していなくても③の条件を満たすことが可能になります。

A)高度専門職の在留資格で3年以上日本に在留し、永住申請時においても高度専門職のポイント計算表で70点以上あること

B)高度専門職の在留資格で1年以上日本に在留し、永住申請時においても高度専門職のポイント計算表で80点以上あること
来日時に70点で高度専門職の在留資格を取得した方でも、来日から1年を経過すると収入などが変化してポイントが80点になっているかもしれないので、永住申請時に再度ポイントを計算することをお勧めします。